盗人猛猛しい

【読み】 ぬすびとたけだけしい
【意味】 盗人猛々しいとは、悪事を働いていながら、平然としているさま。また、それを指摘されると、開き直ったり噛み付いたりするさま。

【盗人猛猛しいの解説】

【注釈】 盗みのような悪事を働いたにも関わらず、ずうずしく知らん顔をしていることから。
また、それをとがめられたら居直ってみたり、食ってかかったりするような人に対して使う。
「猛々しい」は、「ずうずうしい」の意味。
「盗人猛々し」ともいう。
「盗人」は「ぬすっと」とも読む。
【出典】
【注意】 「盗人はなはだしい」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 He bites the ear yet seems to cry for fear.(彼は相手の耳をかじっておきながら、相手を恐れて泣くふりをする)
【用例】 「浮気を問い詰めたら、『若い女が好きだ』と開き直って認めた挙句に、婚約破棄までされた。盗人猛々しいとはあの人のことをいうのよ!」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス