盗人を捕らえて見れば我が子なり

【読み】 ぬすびとをとらえてみればわがこなり
【意味】 盗人を捕らえて見れば我が子なりとは、思いもよらない意外なことに直面し、始末に困ることのたとえ。また、親しい者であっても油断できないということのたとえ。

【盗人を捕らえて見れば我が子なりの解説】

【注釈】 人は誰でも自分の子を買いかぶるものだが、いざ盗人を捕まえてみたら我が子だったという皮肉なことが世の中には案外多いものである。
犯人が我が子だとわかってしまったとき、警察に突き出すことも胸が痛むし、黙って見過ごすわけにもいかないしで、どう処理すべきか迷いに迷う親心をあらわしている。
『新撰犬筑波集・雑』にある「きりたくもありきりたくもなし」という前句に付けられた三つの付け句中の一つ。
「盗人」は「ぬすっと」とも読む。
【出典】 『新撰犬筑波集』雑
【注意】 「泥棒を捕らえて見れば我が子なり」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「会社の悪い噂を流していたのがうちの秘書だったと知ったときは、盗人を捕らえて見れば我が子なりの心境だったよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス