帯に短し襷に長し

【読み】 おびにみじかしたすきにながし
【意味】 帯に短し襷に長しとは、中途半端で役に立たないことのたとえ。

【帯に短し襷に長しの解説】

【注釈】 布が帯として使用するには短すぎるし、襷として使うには長すぎて、どちらに用いるにしろ中途半端で役にも立たないことから。
「帯に短しまわしに長し」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 次郎にも太郎にも足りぬ/褌には短し手拭には長し
【対義】
【英語】 Too much for one, and not enough for two, like the Walsall man's goose.(ウォールソル人のガチョウのように、一人で食べるには多すぎ、二人で食べるには少ない)
【用例】 「この靴は帯に短し襷に長しで、ドレスに合わせるにはカジュアルすぎるし、普段着に合わせるにはフォーマルすぎるわ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス