小田原評定

【読み】 おだわらひょうじょう
【意味】 小田原評定とは、長引くだけで、いっこうに埒があかない相談のたとえ。

【小田原評定の解説】

【注釈】 「評定」は、相談のこと。
天正十八年、小田原城主の北条氏直が豊臣秀吉の軍勢に包囲されたとき、城中で和戦の評議が長引いて、ついに決定されないまま滅ぼされたことから。
「小田原相談」「小田原評議」「小田原談合」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「そんな小田原評定を一晩中していても、何の足しにもならない」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

小田原評定(おだわらひょうじょう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス