驕る平家は久しからず

【読み】 おごるへいけはひさしからず
【意味】 驕る平家は久しからずとは、思い上がった振る舞いをする者は長く栄えることはなく、いずれ滅びるというたとえ。

【驕る平家は久しからずの解説】

【注釈】 地位や財力を誇り、思い上がって勝手な振る舞いをすれば、必ず滅びる時がくるということ。
『平家物語』に「驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」とあるのに基づく。
栄華をきわめた平家の天下も長くは続かず、権勢を誇り驕慢になった者は必ず失脚するものである。
勢いが盛んな時ほど慎まねばばらないという戒めを含む。
【出典】 『平家物語』
【注意】 「驕る」を「奢る」と書くのは誤り。
【類義】 栄枯盛衰/驕る平家に二代なし/驕る平家の運の末/驕る平家は内より崩る/驕る者久しからず/盛者必衰月満つれば則ち虧く/日中すれば昃き、月盈つれば食く/盈つれば虧く/物盛んなれば則ち衰う/羅紈有る者は必ず麻蒯有り
【対義】
【英語】 Pride will have a fall.(高慢でいるとやがて没落する)
The morning sun never lasts a day.(明日の輝きは晩まで続かない)
Pride goes before destruction.(高慢は破滅に先立つ)
【用例】 「彼はずいぶんと調子づいているようだね。周りからひんしゅくをかっているが、驕る平家は久しからずというように、そのうち自滅を導くことになるだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス