岡目八目

【読み】 おかめはちもく
【意味】 岡目八目とは、当事者よりも第三者のほうが、冷静で客観的に物事を見れるということ。

【岡目八目の解説】

【注釈】 「岡目」は、脇から見る、第三者の立場で見ることを意味し、「傍目八目」とも書く。
他人の打っている囲碁を傍から見ている者は、対局者よりも八目も先の手が見えるという意から。
囲碁も将棋も打っている者同士は勝つことに必死だが、傍観者は局面の全体を見渡す余裕があるということから、当事者よりも局外にいて冷静に観察している人のほうが的確に判断できるということ。
その他、「八目」には、多くの数を表す「八」と「目」からなる「やつめ」が本来の形で、多くの目の意味とする説や、八目分得する手がわかるといった意味など諸説ある。
【出典】
【注意】
【類義】 他人の正目
【対義】
【英語】 Lookers-on(Standers-by) see more than players.(参加している人より見物人のほうが、試合の大部分が見える)
Dry light is the best.(陰影のない光線が最も良い)
【用例】 「岡目八目というから、仕上がった企画書を専門外の人に見てもらおう。そのほうが良い企画になるだろうと思う」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス