陸に上がった河童

【読み】 おかにあがったかっぱ
【意味】 陸に上がった河童とは、自分に適した環境から離れたときに、力を発揮できず無能になること。

【陸に上がった河童の解説】

【注釈】 河童は頭の皿に水がなくなると死ぬと言われており、水中では自在に泳ぎ回ることができる河童も、陸へ上がればどうしようもなくなることから。
「陸へ上がった河童」ともいう。
【出典】
【注意】 「陸」を「りく」と読むのは誤り。また「丘」、「岡」と書くのは誤り。
「陸へ上がった河童」を「河童の川流れ」と混同し、時には失敗するの意味で使うのは誤り。
誤用例 「妻はとても料理上手だが、昨日作ってもらったカルボナーラだけは、とてつもなくまずかった。陸に上がった河童というやつだね」
【類義】 魚の水を離れたよう/陸に上がった魚/陸へ上がった船頭/木から落ちた猿/水を離れた魚
【対義】 魚の水を得たるが如し/水に放たれた魚のよう/水を得た魚のよう
【英語】
【用例】 「物理学者である彼も、専門分野以外のことはまるでダメだから、一緒に野球をしたときには陸に上がった河童のようだったよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス