お前百までわしゃ九十九まで

【読み】 おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで
【意味】 お前百までわしゃ九十九までとは、夫婦がともに仲良く長生きすることをいう。

【お前百までわしゃ九十九までの解説】

【注釈】 「お前」は夫、「わし」は妻のことをさす。
「お前」は本来敬語で、妻が夫を呼ぶときに使われた。
「わしゃ」は「わし」のことで、「わたくし」という意味。
夫が百才まで、妻(自分)が九十九才まで仲良く暮らしていきたいということば。
夫が百才で妻が九十九才についての解釈は二通りあり、一つは相手に先立たれることによってさびしい思いをしたくないから自分より先に死なないで欲しいという願いを込めたもの。
もう一つの解釈としては、昔は姉さん女房をもらうことが喜ばしいとされていたことから、一つ年上の妻と結婚した夫の場合、夫が百才、妻が九十九才で夫婦が一緒に最期を迎えられるというもの。
「お前百までわしゃ九十九まで、ともに白髪の生えるまで」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 鴛鴦の契り偕老同穴/琴瑟相和す/形影相伴う/水魚の交わり/天に在らば比翼の鳥、地に在らば連理の枝/比翼の鳥/比翼連理連理の枝
【対義】
【英語】
【用例】 「あの老夫婦を見ていると、お前百までわしゃ九十九までということばがぴったりだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス