重き馬荷に上荷打つ

【読み】 おもきうまににうわにうつ
【意味】 重き馬荷に上荷打つとは、大きな負担に、さらに負担を重ねることのたとえ。

【重き馬荷に上荷打つの解説】

【注釈】 馬を乗せた重い荷物の上に、さらに荷物を積み重ねるということから。
『万葉集』の山上憶良の歌に「痛き瘡には 辛塩を 灌ぐちふ如く ますますも 重き馬荷に 表荷打つと いふことの如」とある。
【出典】
【注意】
【類義】 大荷に小付け/重荷に小付け/弱り目に祟り目
【対義】
【英語】
【用例】 「ただでさえ生活が苦しいのに、重き馬荷に上荷打つことにならなければよいが」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス