同じ穴の狢

【読み】 おなじあなのむじな
【意味】 同じ穴の狢とは、一見すると違ってみえても、同類・仲間であることのたとえ。

【同じ穴の狢の解説】

【注釈】 普通、悪事を働く同類の意味で使われる。
狢(ムジナ)は、狸に似た動物でアナグマの異名。山林に深い穴を掘ってすむ。
「同じ穴の貉」とも書く。
【出典】
【注意】 似ている者同士であっても、同類の悪党という意味で用いることが多いため、使う相手・場面で注意が必要。
誤用例 「私も結婚前は教師の仕事をしていたんですよ。同じ穴の狢ですね」
【類義】 同じ穴の狐/同じ穴の狸/一つ穴の狢
【対義】
【英語】
【用例】 「結局、彼も同じ穴の狢ってことだよ。立派なことを言ってるように見えるが、金儲けだけが目的だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス