鬼も十八番茶も出花

【読み】 おにもじゅうはちばんちゃもでばな
【意味】 鬼も十八番茶も出花とは、器量の悪い女性でも、年頃の娘盛りになれば、みな美しく見えるものであるというたとえ。

【鬼も十八番茶も出花の解説】

【注釈】 醜い鬼の娘であっても、十八と言う年頃になれば、色気が出て魅力的に見えるものだし、粗末な番茶であっても、一番茶は香りがよく美味しいということから。
「出花」は、番茶や煎茶に湯をそそいだばかりのもの。
昔は男女両方に言ったが、今は女性だけに使われる。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
『上方(京都)いろはかるた』では「鬼も十八」。
単に「番茶も出花」ともいう。
【出典】
【注意】 醜い鬼や粗末な番茶に例えているのだから、他人の娘に対して使うのは失礼である。
誤用例 「鬼も十八番茶も出花といいますが、娘さんもすっかりお綺麗になりましたね」
【類義】 薊の花も一盛り/鬼も十七山茶も煮端/鬼も十八茨も花/鬼も十八蛇も二十/南瓜女も一盛り/蕎麦の花も一盛り/娘十八番茶も出花
【対義】
【英語】 Everything is good in its season.(物はすべて旬がよい)
【用例】 「鬼も十八番茶も出花で、うちの娘も年頃になり、なかなかのものだと親馬鹿ながら思います」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス