鬼の居ぬ間に洗濯

【読み】 おにのいぬまにせんたく
【意味】 鬼の居ぬ間に洗濯とは、こわい人やうるさい人がいない間に、くつろいで息抜きをすることのたとえ。

【鬼の居ぬ間に洗濯の解説】

【注釈】 主人や監督する者など、こわい人やうるさい人がいない間に、のんびりくつろいで気晴らしをすることをいう。
「鬼」は怖い人、「洗濯」とは命の洗濯の意味で、日頃の苦労や束縛から解放されて気晴らしを楽しむこと。
「鬼の来ぬ間に洗濯」「鬼の居ぬうちに洗濯」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 鬼の留守に豆拾い/鬼の留守に豆を炒る
【対義】
【英語】 When the cat's away the mice will play.(猫がいない時、ねずみが遊ぶ)
The mouse goes abroad where the cat is not lord.(猫が領主でない国では、ねずみも出歩く)
【用例】 「明日はお父さんもお母さんもいないから、好きなだけテレビを見たりゲームをしたりして遊ぼう。鬼の居ぬ間に洗濯だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス