鬼の霍乱

【読み】 おにのかくらん
【意味】 鬼の霍乱とは、普段はとても丈夫な人が、珍しく病気になることのたとえ。

【鬼の霍乱の解説】

【注釈】 病気などしたことない人を、強くて丈夫な鬼にたとえ、鬼が霍乱で患うようだという意味から。
「霍乱」とは、漢方医学用語で日射病や食中毒のこと。
【出典】
【注意】 目上の人に対して直接使うのは失礼にあたる。
誤用例 「入院されたと聞いて鬼の霍乱だと思い、飛んできました」
【類義】
【対義】
【英語】 The devil succumbing to sunstroke.(日射病にかかった悪魔)
【用例】 「風邪ひとつひかない部長が入院するなんて、鬼の霍乱だな」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

鬼の霍乱の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス