鬼の目にも涙

【読み】 おにのめにもなみだ
【意味】 鬼の目にも涙とは、冷酷で無慈悲な人間でも、ときには同情や憐れみを感じて涙を流すというたとえ。

【鬼の目にも涙の解説】

【注釈】 悪代官が年貢の取り立てに情をかけたり、高利貸しが憐れみの心で証文を破ったりしたときに使われた言葉から。
現在では、鬼のように怖く厳しい人でも感動して涙を流すという場合に使われることが多い。
【出典】
【注意】
【類義】 鬼の血目玉にも涙/鬼も頼めば人食わず/鰐の目にも涙
【対義】
【英語】 Tears from the hardest heart.(頑固な心からも涙が出る)
【用例】 「さすがの彼も父親の葬式では涙を流していたよ。鬼の目にも涙だな」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス