鬼の空念仏

【読み】 おにのそらねんぶつ
【意味】 鬼の空念仏とは、冷酷で残忍な者が、情け深そうなことを言ったり、表面だけ慈悲深いように取り繕ったりすることのたとえ。また、柄にもなく心がけがよいかのように振舞うことのたとえ。

【鬼の空念仏の解説】

【注釈】 非常な鬼が、心にもなく念仏を唱えてみせることから。
「鬼の念仏」とも。
【出典】
【注意】 「空念仏」を「からねんぶつ」と読むのは誤り。
【類義】 鬼の空涙
【対義】
【英語】
【用例】 「彼の言うことには全く感情がこもっておらず、まるで鬼の空念仏だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス