温故知新

【読み】 おんこちしん
【意味】 温故知新とは、昔のことをよく学び、そこから新しい知識や道理を得ること。また、過去の事柄を研究して、現在の事態に対処すること。

【温故知新の解説】

【注釈】 孔子が先生の資格として述べた言葉で、『論語・為政』にある「故きを温ねて新しきを知らねば、以て師と為るべし」とあるのに基づく。
【出典】 『論語』
【注意】 「温古知新」と書くのは誤り。
【類義】 故きを温ねて新しきを知る/来を知らんと欲する者は往を察す
【対義】
【英語】 He that would know what shall be must consider what has been.(将来の事態を知りたいのなら、過去の経緯を考察せねばならない)
【用例】 「大事なのは温故知新だ、過去の書物をよく読んだ上で研究を進めていきたい」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

温故知新の意味・語源・由来 - 語源由来辞典
温故知新の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス