女心と秋の空

【読み】 おんなごころとあきのそら
【意味】 女心と秋の空とは、変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気だということ。

【女心と秋の空の解説】

【注釈】 「男心と秋の空」を女心に変えたもの。
「男心と秋の空」は主に女性に対する男性の愛情が変わりやすいことをいうが、「女心と秋の空」は男性に対する愛情に限らず、感情の起伏が激しいことや移り気なことをいう。
【出典】
【注意】
【類義】 女の心は猫の目/測り難きは人心/分からぬは夏の日和と人心
【対義】 秋の空と男心は七度変わる/夫の心と川の瀬は一夜に変わる/男心と秋の空
【英語】 A woman's mind and winter wind change often.(女心と冬の風は変わりやすい)
A woman's mind is always mutable.(女はいつも移り気)
【用例】 「女心と秋の空とはいうが、あんなに仲良かったカップルなのに、まさか彼女に他に好きな人ができただなんて驚きだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス