女三人寄れば姦しい

【読み】 おんなさんにんよればかしましい
【意味】 女三人寄れば姦しいとは、女性はおしゃべりだから、三人も集まれば騒がしくて仕方ないということ。

【女三人寄れば姦しいの解説】

【注釈】 「姦しい」とは、やかましい・騒がしいということ。また、大いに耳障りであるさま。
「女」が三つの「姦」を「かしましい」と読むことからできたことわざ。
「女三人寄れば姦し(かしまし)」ともいう。
「女」は「おなご」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 女三人寄ると富士の山でも言い崩す/女三人寄れば市をなす/女三人寄れば囲炉裏の灰飛ぶ/女三人寄れば着物の噂する
【対義】
【英語】 Three women (and a goose) make a market.(女三人(とガチョウ一羽)で市ができる)
Many women many words.(女が大勢集まればかしましい)
【用例】 「夕方から集まって、もう明け方だというのにまだ話し続けている。女三人寄れば姦しいというのは本当だね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス