己の欲せざる所は人に施す勿れ

【読み】 おのれのほっせざるところはひとにほどこすなかれ
【意味】 己の欲せざる所は人に施す勿れとは、自分がして欲しくないと思うことは、他人にとっても同じなのだから、他人にすべきではないということ。

【己の欲せざる所は人に施す勿れの解説】

【注釈】 孔子が弟子の子貢に「一生守ることができる徳目はないでしょうか」と聞かれたときに、「其れ恕か。己の欲せざる所は人に施す勿れ(それは、思いやりというものだ。自分がして欲しくないことを、人にするべきではない)」と答えたことばから。
また、孔子が弟子の仲弓から「仁とは何でしょうか」と聞かれたときに答えたことば。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】 我が身をつねって人の痛さを知れ
【対義】 己の欲する所を人に施せ
【英語】
【用例】 「君が嫌なら、彼も嫌がる。己の欲せざる所は人に施す勿れだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス