大男総身に知恵が回り兼ね

【読み】 おおおとこそうみにちえがまわりかね
【意味】 大男総身に知恵が回り兼ねとは、体ばかりが大きくて知恵のない人をあざけっていうことば。

【大男総身に知恵が回り兼ねの解説】

【注釈】 「総身」は、体全体という意味。
大男は体が大きい分、全身に知恵がいきわたらず、何事にも愚鈍であることをあざけっていった川柳。
【出典】
【注意】
【類義】 独活の大木/大男の殿/大男の見掛け倒し
【対義】 小男の総身の知恵も知れたもの/山椒は小粒でもぴりりと辛い/小さくとも針は呑まれぬ/細くても針は呑めぬ
【英語】 Big head, little wit.(大頭に小知恵)
Seldom is a long man wise or a low man lowly.(背の高い利口者や背の低い謙遜家はめったにいない)
【用例】 「大男総身に知恵が回り兼ねで、自分は体の大きさと体力以外には自信がない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス