恐れ入谷の鬼子母神

【読み】 おそれいりやのきしもじん
【意味】 恐れ入谷の鬼子母神とは、「恐れ入りました」という意味で使うしゃれ言葉。

【恐れ入谷の鬼子母神の解説】

【注釈】 「恐れ入りやした」の「入りや」と「入谷(東京都台東区の地名)」を掛け、入谷の真源寺(台東区下谷)に祀られている「鬼子母神」を続けて言ったしゃれ。
鬼子母神は出産・育児の女神で、「きしぼじん」とも読む。
【出典】
【注意】 「恐れ」を恐怖の意味として使うのは誤り。
誤用例 「あの出来事は本当に恐れ入谷の鬼子母神で、死を覚悟さえしたよ」
【類義】 敵もさるもの引っ掻くもの
【対義】
【英語】
【用例】 「歌が得意だとは聞いていたが、カラオケで聞いてみたらプロ顔負けに上手かった。恐れ入谷の鬼子母神だよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス