男は敷居を跨げば七人の敵あり

【読み】 おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり
【意味】 男は敷居を跨げば七人の敵ありとは、男が社会で活動するときは、いつも多くの競争相手や敵がいて、いろいろと苦労があるというたとえ。

【男は敷居を跨げば七人の敵ありの解説】

【注釈】 男がいったん家の敷居をまたぐと、外にはすでに多くの敵が待ち構えているという意味から。
「七人」は「多くの」という意味。
「敷居」は「閾」とも書く。
「敷居を跨げば七人の敵あり」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 雨垂れは三途の川/男子家を出ずれば七人の敵あり
【対義】
【英語】
【用例】 「男は敷居を跨げば七人の敵ありで、僕だって気楽に生きているわけじゃないよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス