男やもめに蛆が湧き、女やもめに花が咲く

【読み】 おとこやもめにうじがわき、おんなやもめにはながさく
【意味】 男やもめに蛆がわき女やもめに花が咲くとは、妻を失った男や一人暮らしの男は不精で不潔な環境にあるのに対し、夫を失った女や一人暮らしの女は身綺麗で華やかであること。

【男やもめに蛆がわき女やもめに花が咲くの解説】

【注釈】 「やもめ」とは、本来は配偶者を失った者のことをいうが、適齢期を過ぎても独身の者に対してもいう。
妻を亡くした男性は、それまで家事をしてくれていた妻がいなくなって、自分が家事をするようになるが不慣れなため、家の中に蛆がわくように汚くなる。
対して、夫を亡くした妻は、夫の世話から開放されてますます綺麗にする時間が増えることから、部屋の中も清潔になり身なりにも気を使う余裕が出るので、花が咲いたように華やかになるということ。
「男やもめに蛆がわく」と略した形で使うことも多い。
「男所帯に蛆がわき、女所帯に花が咲く」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 男後家にはぼろ下がり、女後家には花が咲く/男やもめに雑魚たかる/後家花咲かす
【対義】
【英語】
【用例】 「男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲くで、離婚してから彼の家はゴミ屋敷のようになったそうだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス