負うた子に教えられて浅瀬を渡る

【読み】 おうたこにおしえられてあさせをわたる
【意味】 負うた子に教えられて浅瀬を渡るとは、熟達した者であっても、時には自分より経験の浅い者や年下の者に、物事を教わることもあるということ。

【負うた子に教えられて浅瀬を渡るの解説】

【注釈】 小さな子供は一人で川を渡れないが、背中に負ぶった子は上から浅瀬と淵をよく見分けて教えることができる。
その子に教えられて深みにはまらずに済むこともあることから。
「負うた子に浅瀬(を習う)」「負うた子に教えられる」とも。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 三つ子に習って浅瀬を渡る
【対義】
【英語】 The weak may stand the strong in stead.(弱者が強者を助けることもある)
【用例】 「負うた子に教えられて浅瀬を渡るということもあるから、息子の意見にも耳を傾けたほうがよい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス