終わり良ければ全て良し

【読み】 おわりよければすべてよし
【意味】 終わりよければすべてよしとは、物事は最終の結末がもっとも大事であり、途中の過程は問題にならないということ。

【終わりよければすべてよしの解説】

【注釈】 多少のミスがあったとしても、結果がよければ高く評価されるということ。
英語の「All's well that ends well.」の訳語で、シェイクス・ピアは同名の戯曲を書いている。
「全て」は「総て」「凡て」とも書くが「全て」が一般的。
「終わりが大事」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 仕上げが肝心
【対義】
【英語】 All's well that ends well.(終わりがうまくいったことは全てがうまくいったことだ)
The end crowns all.(終わりがすべての物事の冠となる)
【用例】 「終わりよければすべてよし。途中トラブルもたくさんあったが、よいイベントだった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス