尾を振る犬は叩かれず

【読み】 おをふるいぬはたたかれず
【意味】 尾を振る犬は叩かれずとは、従順な人は、誰からもひどい仕打ちを受けることはないことのたとえ。

【尾を振る犬は叩かれずの解説】

【注釈】 しっぽを振ってなついてくる従順な犬に対して、叩く人などいないということから。
【出典】
【注意】
【類義】 怒れる拳笑顔に当たらず/尾を振る犬は打ち手なし/窮鳥懐に入る/窮鳥懐に入れば猟師も殺さず/袖の下に回る子は打たれぬ/杖の下に回る犬は打たれぬ/飛ぶ鳥懐に入る時は狩人も助く/這って来る犬は打てぬ
【対義】
【英語】 A snarling cur has a scurvy coat.(うなる犬の毛はみずぼらしい)
【用例】 「尾を振る犬は叩かれずで、彼は人柄がとてもよいので、失敗しても誰もせめない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス