親が死んでも食休み

【読み】 おやがしんでもじきやすみ
【意味】 親が死んでも食休みとは、どんなに忙しくても、食後の休息はとらなくてはいけないという戒め。

【親が死んでも食休みの解説】

【注釈】 「食休み」とは食後の休息のことで、「しょくやすみ」とも読む。
たとえ親が死ぬという重要ななときでも、食後の休憩は大切だということから。
「親は死んでも子は食休み」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 伯母の家が焼けても穀休み/せがれ死んでも今一服/隣りは火事でも先ず一服
【対義】
【英語】 It is the pace that kills.(命取りになるのは速度である)
【用例】 「気持ちはわかるが、少し休みなさい。親が死んでも食休みというだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス