親子は一世、夫婦は二世、主従は三世

【読み】 おやこはいっせ、ふうふはにせ、しゅじゅうはさんぜ
【意味】 親子は一世夫婦は二世主従は三世とは、親子の関係は一世、夫婦の関係は二世にわたり、主従関係は三世にわたるほど深いものであるということ。

【親子は一世夫婦は二世主従は三世の解説】

【注釈】 親と子の関係は現世だけのものであり、夫と妻の関係は前世と現世あるいは来世の二世にわたり、主人と従者の関係は前世・現世・来世にわたるものであるということ。
封建社会における主従関係の強い結びつきをいいあらわしている。
「主従」は「しゅうじゅう」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「死ぬまで師匠についていく。親子は一世、夫婦は二世、主従は三世だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス