親の心子知らず

【読み】 おやのこころこしらず
【意味】 親の心子知らずとは、親の子に対する深い愛情がわからず、子が勝手気ままにふるまうこと。また、自分が親になってみなければ、親の気持ちはわからないということ。

【親の心子知らずの解説】

【注釈】 親が子に対して深い愛情をそそぎ苦労をして育てても、子はそれを悟らず、浅はかな考えで反抗したり、好き勝手にふるまうものである。
親子関係にだけでなく、目上と目下の間柄にも使う。
【出典】
【注意】
【類義】 親の思うほど子は思わぬ/子を持って知る親の恩
【対義】 子の心親知らず
【英語】 When the rain rains and the goose winks little wots the gosling what the goose thinks.(雨が降ってきて親ガチョウが合図のウインクをしても、ガチョウの子には親の考えていることがほとんどわからない)
【用例】 「今思うと親の心子知らずで、両親には苦労をかけたと反省する」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス