親の光は七光

【読み】 おやのひかりはななひかり
【意味】 親の光は七光とは、親の威光によって子が恩恵を受けること。また、親の名声や地位を子が大いに利用すること。

【親の光は七光の解説】

【注釈】 親の威光が子に及んで、あらゆる余沢を受けることをいう。
親の社会的地位や名声のおかげで、子が得を得たり、それを大いに利用すること。多く、子の実力によるものではなく、子が親の恩恵を受けて成功した場合に使われる。
「七光り」の「七」は、数が多いことを表す。
略して「親の七光り」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 男の光は七光/親の光は七とこ照らす
【対義】 親の因果が子に報う/親の善悪は子に報う/親の罪子に報う/親の罰は子に当たる
【英語】 Thank God that your father was born before you.(君より先に親父さんが生まれて良かったじゃないか)
Happy is he whose friends were born before him.(年上の身内を持っている者は幸いである)
【用例】 「実力もないし努力もしないのに、息子というだけ専務の地位をもらえるなんて。親の光は七光りだね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス