親思う心にまさる親心

【読み】 おやおもうこころにまさるおやごころ
【意味】 親思う心にまさる親心とは、子が親を思う気持ち以上に、親の子に対する慈愛の気持ちはさらに強いものだということ。

【親思う心にまさる親心の解説】

【注釈】 「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」という、幕末の志士、吉田松陰が二十九歳で処刑されたときに詠んだ辞世の句。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Natural love descends but it does not ascend.(自然の愛は親から子へ注がれ、子から親へは注がれない)
【用例】 「親思う心にまさる親心というが、自分が親になって初めてその気持ちがわかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス