落花枝に返らず、破鏡再び照らさず

【読み】 らっかえだにかえらず、はきょうふたたびてらさず
【意味】 落花枝に返らず破鏡再び照らさずとは、一度離婚した夫婦は、再び元に戻ることはないというたとえ。また、一度損なわれたものや、死んでしまったものは二度と元に戻らないというたとえ。

【落花枝に返らず破鏡再び照らさずの解説】

【注釈】 一度散ってしまった花が再び元の枝に戻り咲くことはなく、割れてしまった鏡は再び物をうつすことはないという意味から。
「返らず」は「還らず」「帰らず」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 破鏡重ねて照らさず、落花枝に上り難し/覆水盆に返らず
【対義】
【英語】 What is lost is lost.(無くなった物は無くなったのである)
【用例】 「別れた後、冷静になって自分の言動を猛省していたようだが、彼女が許すことはなかった。落花枝に返らず、破鏡再び照らさずだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス