落花狼藉

【読み】 らっかろうぜき
【意味】 落花狼藉とは、花が散り乱れること。転じて、物が散乱しているさま。女性などに乱暴を働くこと。

【落花狼藉の解説】

【注釈】 『和漢朗詠集』の「落花狼藉たり風狂じて後、啼鳥竜鐘たり雨の打つ時」から。
「落花」とは、花が散って地面に落ちること。
「狼藉」は、狼が草を敷いて寝た跡の意味から、多くのものが秩序なく入り乱れることをいう。
女性に乱暴を働くことの意味では「女性」を「花」に見立てて言う。「狼藉」を女性に乱暴を働くという意味で使うのは、日本独特の使い方。
【出典】 『和漢朗詠集』
【注意】 「落花」を「落下」と書くのは誤り。
「狼藉」を「狼籍」と書くのは誤り。
【類義】 杯盤狼籍/落英繽紛/落花繽紛/乱暴狼藉/狼藉
【対義】
【英語】
【用例】 「いいかげんに部屋を片付けなさい。この部屋はまさに落花狼藉よ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

落花狼藉(らっかろうぜき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
落花狼藉の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス