落花流水の情

【読み】 らっかりゅうすいのじょう
【意味】 落花流水の情とは、男女がお互いに慕う気持ちを持っていることのたとえ。

【落花流水の情の解説】

【注釈】 散る花には、流れる水にそって流れて行きたいという気持ちがあり、流れる水には散った花を浮かべて流れて行きたいという気持ちがあることから。
【出典】 高駢・詩『隠者を訪ねて遇わず』
【注意】 「落下流水の情」と書くのは誤り。
【類義】 網心あれば魚心/魚心あれば水心/君心あれば民心あり/誘う水あればいなんぞと思う/水心あれば魚心
【対義】 落花情あれども流水意なし
【英語】
【用例】 「あの夫婦を見ていると、落花流水の情なのだなと思う。長年、どんなときもお互いに支え合って夫婦生活を送ってきた」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス