楽あれば苦あり

【読み】 らくあればくあり
【意味】 楽あれば苦ありとは、楽しいことがあると、その後に必ず苦しいことがあるという教え。

【楽あれば苦ありの解説】

【注釈】 楽しいことの後には必ず苦労が訪れる。良いことばかりは続かない、人生は苦楽相伴うものだということ。
また、怠けた生活をしていれば後で必ず苦労することになるという戒め。
逆に苦労をしておけば、後で楽ができるという意味も含む。
「苦あれば楽あり」に続けてもいう。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「楽すれば苦あり」というのは誤り。
【類義】 いい後は悪い/浮世の苦楽は壁一重/悲しみと喜びとは交互に相次ぐ/禍福は糾える縄の如し苦あれば楽あり/苦楽は相伴う/苦楽は生涯の道づれ/すべてのメダルには裏がある/楽しみは苦しみの種/上り坂あれば下り坂あり/楽する悪かろう苦をするよかろう/楽は苦の種、苦は楽の種
【対義】
【英語】 He that will have the pleasure must endure the pain.(喜びを得たいのなら、苦しみに耐えなければならない)
【用例】 「そんなに高級ブランド品ばかり買いあさっていて大丈夫なの?人生は楽あれば苦ありで、いつまでも良い状態が続くわけじゃないのよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス