洛陽の紙価を高める

【読み】 らくようのしかをたかめる
【意味】 洛陽の紙価を高めるとは、著者の評判が高く、飛ぶように売れること。

【洛陽の紙価を高めるの解説】

【注釈】 晋の左思(さし)が『三都賦(さんとのふ)』を作ったとき、洛陽(中国の都市)では評価が高く、人々が争ってこれを書き写したために紙の需要が増した。
このため洛陽では紙の値段が高くなり、「洛陽為之紙貴」と書かれたという故事から。
「洛陽の紙価を貴む」「洛陽の紙価貴し」「紙価を高める」「洛陽の紙価を高からしめる」ともいう。
【出典】 『晋書』文苑伝・左思
【注意】 「紙価」を「市価」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 To sell like hot cakes.(ホットケーキのように売れる=飛ぶように売れる)
【用例】 「これはまさに洛陽の紙価を高める小説である」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス