礼も過ぎれば無礼になる

【読み】 れいもすぎればぶれいになる
【意味】 礼も過ぎれば無礼になるとは、礼儀を尽くすことも、度が過ぎればかえって失礼にあたるということ。

【礼も過ぎれば無礼になるの解説】

【注釈】 礼儀正しいことは良いことだが、あまり度が過ぎた礼儀は相手のご機嫌や顔色を伺うだけになり、それは礼儀ではなくなっている。
過剰なご機嫌取りは礼儀とは言えず、かえって相手を不快にさせるという意。
【出典】
【注意】
【類義】 慇懃尾籠/慇懃無礼/及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/薬も過ぎれば毒となる過ぎたるは猶及ばざるが如し/名の木も鼻につく/念の過ぐるは無念/分別過ぐれば愚に返る/礼過ぐれば諂いとなる
【対義】
【英語】
【用例】 「礼も過ぎれば無礼になるというだろ。何度も何度もお礼に行ったら相手も迷惑だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス