連木で腹を切る

【読み】 れんぎではらをきる
【意味】 連木で腹を切るとは、不可能なことをしようとすることのたとえ。

【連木で腹を切るの解説】

【注釈】 「連木」とは、西日本の方言で「すりこぎ」のこと。
すりこぎを刀の代わりにしても腹は切れないことから。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 杵で頭を剃る/竿竹で星を打つ/杓子で腹を切る/擂粉木で芋を盛る/擂粉木で腹を切る/切匙で腹を切る/豆腐の角で頭を割る
【対義】
【英語】
【用例】 「この勝負に勝てると言うなんて、連木で腹を切るようなものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス