律儀者の子沢山

【読み】 りちぎもののこだくさん
【意味】 律儀者の子沢山とは、まじめで実直な人は浮気などせず夫婦仲もよいので、子供がたくさんできるということ。

【律儀者の子沢山の解説】

【注釈】 律儀者とは、義理堅く実直な人という意味。
「律義者の子沢山」とも書く。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Children are poor men's riches.(子供は貧乏人の宝)
【用例】 「課長の子供は五人兄弟だそうだ。律義者の子だくさんというやつだね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス