六馬和せざれば造父も以て遠きを致す能わず

【読み】 りくばわせざればぞうほももってとおきをいたすあたわず
【意味】 六馬和せざれば造父も以て遠きを致す能わずとは、どんなことでも、人々の気持ちが一つにならなければ、最後までやりとげることはできないことのたとえ。

【六馬和せざれば造父も以て遠きを致す能わずの解説】

【注釈】 「六馬」とは、天帝の息子が乗る六頭の馬車を引く馬のこと。
「造父」とは、すぐれた御者で、周繆王に仕えていた。
車を引く六頭の馬の気持ちがうまく合っていなければ、すぐれた御者の造父であっても、遠くまで馬車を走らせることは不可能であることから。
思想家の荀子が説いたことば。
【出典】 『荀子』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「六馬和せざれば造父も以て遠きを致す能わずで、メンバーの息が合っていないからひどいものだった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス