理屈と膏薬はどこへでもつく

【読み】 りくつとこうやくはどこへでもつく
【意味】 理屈と膏薬はどこへでもつくとは、どんなことにも理屈をつけようと思えば、もっともらしい理屈がつくものだというたとえ。

【理屈と膏薬はどこへでもつくの解説】

【注釈】 膏薬が体のどこにでもくっつくように、人に理屈や言いがかりをつけようと思えば、どうにでもつくということ。
膏薬とは、脂肪油類に種々の薬物を加えて作った塗り薬のこと。
【出典】
【注意】 「理」を「利」と書くのは誤り。
【類義】 柄の無い所に柄をすげる/乞食にも三つの理屈/泥棒にも三分の道理/盗人にも五分の理/盗人にも三分の理/盗人にも一理屈/藪の頭にも理屈がつく
【対義】
【英語】 It is an easy thing to find a staff to beat a dog.(犬を打つ棒を見つけるのは容易なことである)
【用例】 「なるほど、君の言うことにも一応耳は傾けるけれども、理屈と膏薬はどこへでもつくという言葉を知っているかい?筋が通らないことであっても、もっともらしい理屈をつけることはできるのだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス