臨池

【読み】 りんち
【意味】 臨池とは、書道、習字、手習いのこと。

【臨池の解説】

【注釈】 草書の大家と称された後漢の書家・張芝が、池に臨んで書道の練習にはげんでいると、池の水は墨で真っ黒になったという故事から。
王羲之『与人書』に「張芝池に臨みて書を学び、池水尽く黒し」とある。
【出典】 『与人書』
【注意】 「臨地」と書くのは誤り。(「臨地」は現地に出かけること)
【類義】 墨池学
【対義】
【英語】
【用例】 「臨池の道を極める」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス