綸言汗の如し

【読み】 りんげんあせのごとし
【意味】 綸言汗の如しとは、君主が一度口にしたことばは、訂正したり取り消すことができないということ。

【綸言汗の如しの解説】

【注釈】 一度出た汗を再び体内に戻すことはできない意味から。
「綸言」とは、君主のことば、みことのりのこと。
『漢書』に「号令は汗の如し。汗は出でて反らざる者なり(命令を出すことは汗を出すことと同じだ。汗は一度出たら戻すことができないように、一度出した命令は取り消せない)」とあるのに基づく。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】 『漢書』
【注意】 「倫言汗の如し」と書くのは誤り。
【類義】 天子に戯言無し
【対義】
【英語】 A king's word must stand.(国王の言葉は不変でなければならない)
【用例】 「日本の政治家は、綸言汗の如しという言葉を知らないのか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス