臨機応変

【読み】 りんきおうへん
【意味】 臨機応変とは、その場その場の情勢や状況の変化に応じて、適切な手段をとること。

【臨機応変の解説】

【注釈】 「臨機」とは、時と場合に応じて適切な処置をとること。
「応変」とは、その場の状況・思いがけない出来事に応じて適切な処置すること。
『南史』にある、梁の総司令官・蕭明のことばから。
梁の国の王家の一員だった蕭明は、将軍たちに言った「吾自ら機に臨みて変を制す。多言する勿れ(私は状況に応じて自分自身でうまくおさえられるのだから、余計なことは言わないでくれ)」に基づく。
【出典】 『南史』
【注意】
【類義】 機に臨み変に応ず/随機応変
【対義】
【英語】 Circumstances alter cases.(状況で事情も変わる)
Other times, other manners.(時が変われば作法も変わる)
【用例】 「彼は知識も豊富で頭の回転も速いが、臨機応変さに欠ける」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス