良薬は口に苦し

【読み】 りょうやくはくちににがし
【意味】 良薬は口に苦しとは、自分のためになるような忠言は、素直に聞きづらいものだというたとえ。

【良薬は口に苦しの解説】

【注釈】 よく効く薬が苦いように、身のためになる忠告は素直に受け入れにくいということ。
『孔子家語』には孔子の言葉で「良薬は口に苦けれども病に利あり。忠言は耳に逆らえども行いに利あり(良薬は苦いが飲めば病気を治してくれる。忠言は聞きづらいが、行動のためになる)」とある。
『江戸いろはかるた』の一つ。
「良薬口に苦し忠言耳に逆らう」と続けてもいう。
【出典】 『孔子家語』
【注意】
【類義】 金言耳に逆らう/苦言は薬なり、甘言は病なり/薬の灸は身に熱く、毒な酒は甘い/忠言耳に逆らう/苦い薬は泣いても飲め/薬酒口に苦うして病に利あり
【対義】
【英語】 Good medicine is(tastes) bitter to the mouth.(良薬は口に苦し)
【用例】 「良薬は口に苦しというように、ご両親の言葉はあなたのことを思って言ってくれたはずの言葉だ。頭を冷やしてもう一度冷静にその意味を考えてみたらどうだい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス