両雄並び立たず

【読み】 りょうゆうならびたたず
【意味】 両雄並び立たずとは、同じ力量を持つ英雄が二人いれば、必ず争いになりどちらかが倒れるということのたとえ。

【両雄並び立たずの解説】

【注釈】 同等の力を持つ英雄が二人現れれば、必ず争い、どちらか一方が倒れることになる。二人の英雄は両立できないということ。
「両雄」とは、二人の英雄のこと。
『史記』に「臣窃かに以て過つと為す。且つ両雄は倶には立たず(失礼ですが、私はそれが間違いだと思っています。両雄というものは、並んで立つことができないからです)」とあるのに基づく。
漢の劉邦に使えていたれき生が、楚の頂羽の軍が漢を攻めてきて苦戦をしいられたときに進言したという故事から。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 両虎相闘えば勢い倶には生きず/両高は重ぬべからず/両雄倶に立たず/両雄は必ず争う
【対義】
【英語】 Birds of prey do not flock together.(猛禽は群をなさず)
It two ride upon a horse one must sit behind.(一頭の馬に二人の人間が乗れば、一人は後ろに乗らなくてはならない)
He that has a wife has a master.(女房持ちは主人持ち)
【用例】 「両雄並び立たずで、同じ部署に優秀な人材は二人も要らない。そうなればかえってその部署はまとまりがつかなくなるだろうから」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス