柳暗花明

【読み】 りゅうあんかめい
【意味】 柳暗花明とは、春の野の美しさのたとえ。転じて、花柳界・色町のこと。

【柳暗花明の解説】

【注釈】 柳が色濃く茂ってほの暗い中、花が咲いて明るいの意味から。
転じて、華やかな花柳界や遊郭のたとえとしても使う。
陸游の詩『山西の村に遊ぶ』の「山重水複路無きかと疑えば、柳暗花明又一村(山が重なり川がいくつにも分かれて、そこで道が無くなるかと思えば、柳がほの暗くある中に花が明るく咲き、また一つの村が現れる)」から。
【出典】 陸游・詩『山西の村に遊ぶ』
【注意】
【類義】 鳥語花香/桃紅柳緑/柳は暗く花は明らか/柳は緑花は紅/柳巷花街
【対義】
【英語】
【用例】 「寒い冬が過ぎて、柳暗花明の景色が町を彩っている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス