柳絮の才

【読み】 りゅうじょのさい
【意味】 柳絮の才とは、非凡な才女のたとえ。女性のすぐれた文才を褒めて言うことば。

【柳絮の才の解説】

【注釈】 「柳絮」とは、白い綿毛のついた柳の種子。また、それが雪のように舞うこと。
晋の時代、謝安が急に降り始めた雪を見て、この雪は何に似ているかと聞いたところ、甥の謝朗は「空中に塩を蒔いたようだ」と言い、姪の謝道韞は「白い綿毛のついた柳の種子が風に舞い散るのには及ばない」と答えた。
謝安は姪のことばに感心し、「柳絮の才高し」と言ったという故事に基づく。
【出典】 『晋書』
【注意】
【類義】 詠絮の才/詠雪の才/閨秀/才媛
【対義】
【英語】
【用例】 「彼女は本当に柳絮の才が高い」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス