流星光底長蛇を逸す

【読み】 りゅうせいこうていちょうだをいっす
【意味】 流星光底長蛇を逸すとは、せっかくの機会、またとない機会を逃してしまうことのたとえ。また、惜しいところで大敵を取り逃がしてしまうことのたとえ。

【流星光底長蛇を逸すの解説】

【注釈】 上杉謙信と武田信玄の川中島の合戦をうたった詩にあることば。
江戸時代の儒学者、史家頼山陽の詩『不識庵の機山を撃つの図に題す』に「遺恨なり十年一剣を磨き、流星光底長蛇を逸す(十年の苦心もむなしく、撃ち損なってしまった)」とあるのに基づく。
「底」は「下」の意味で、「流星光底」は振り下ろす刀剣の閃光を流星にたとえた言葉。
「長蛇」は「大きく長い蛇」の意味から転じて、「大きな獲物」や「またとない機会」を表す。
【出典】 頼山陽・詩『不識庵の機山を撃つの図に題す』
【注意】
【類義】 大魚を逸す
【対義】
【英語】
【用例】 「このチャンスを逃すなんて、流星光底長蛇を逸すというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス