ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない

【読み】 ろばがたびにでたところでうまになってかえってくるわけではない
【意味】 ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではないとは、知識のない者、利口でない者が旅に出ても出発前と同じままで、本質は簡単に変わるものではないということのたとえ。

【ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではないの解説】

【注釈】 ロバが馬になろうとして旅に出ても、ロバが馬になれるはずはなく、ロバはロバのままであることから。
主に、西洋で「ロバ」は、「愚か者」「のろま」などの代名詞として使われる。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 If an ass goes a travelling, he'll not come home a horse. (ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない)
【用例】 「海外旅行をしたからと言って、彼女は何も変わらないだろう。ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス